カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

最近、とある企業様の知財戦略に携わることができそうなキッカケを得ました(深いところまで参画できるかはまだ不明ですが…)。

事業、営業、技術の方々を前にプレゼンさせて頂き、いろいろとお話しさせて頂くと共に色々とディスカッションもできたのでとても良い経験でした。後は、戦略立案に実際に参画できれば!!

ところで、企業の知財戦略立案をサポートしている企業外の弁理士の数はそれほど多くはないと思います。知財戦略といっても、経営戦略(事業戦略)や技術戦略、そして当該企業の「外部」との関わりを色々考慮しなければ簡単に立案することはできませんので、多くの特許事務所ではそのような知財戦略に手を出さないようです。

しかし、特許や商標を出願するにしろ、企業様の経営戦略やバリューチェーンを頭に入れておかなければ、本当に有用な知財権を取得することは困難ですし、存続期間に限りのある特許権や適切な使用管理規定がない状態で単に維持しているだけの商標権を「持っているだけ」では、ビジネスに使いものにならないことになりかねません。

戦略立案に携わることができなくても、お客様がどのような理念をもとにどのような事業を目指しているのか、事業環境はどうか、場合によってはお客様の社員の意識はどうか等をヒアリングした上で特許なり商標なりを出願する姿勢が少なくともないと、『弁理士の価値』は単なる『代書屋』になってしまうでしょう。

このような戦略系の仕事やお客様の事業戦略及び事業環境等を考慮することは確かに大変なこと(大変な労力がかかること)ではあるのですが、そのような仕事こそ顧客にとって価値がある知財を生む前提なんだろうな、と実務を通してしみじみ思います。


今知的財産事務所
スポンサーサイト

2012/11/19(月) 15:40 | コメント:0 | トラックバック:1 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR