カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター

とある仕事で結構「目から鱗」という経験をしました。
内容を詳しく書くことはできませんが、「視座の違い」を強く感じる仕事に少し携わったのです。つまり、商品の作り手側の立場でその商品について考えるのと、実際に商品を使う人(ユーザー)の立場で考えるのとでは、その商品に対する感じ方や要求が全く異なる、という経験をしました。

しかも、同じ商品の「ユーザー」にも実は複数種類の「ユーザー」がおり、そのユーザーごとの立場で商品を考えると、本当に作り手側とは全く異なる論理で商品に対する要求が出てくるのです。

いくらその作り手たる企業がマーケティングに力を入れていても、そのやり方によっては、実際に商品を使うユーザーからすれば「的外れ」な商品になってしまいます。研究開発もそうで、作り手側の論理「だけ」では、開発が成功しても「売れない」ということになりかねません。

ちょっと特許調査をすれば分かりますが、特許を出願している人(『出願人』といいます)は、ほとんどが企業です。仕事柄、特許公開公報をよく読みますが、公報には「発明が解決しようとする課題」や「発明の効果」が記載されています。そのような記載について特許的には全く問題がないのですが、今回は実際にユーザー視点を持って公報を読んでいました。

すると、、、

複数のユーザーのうち、あるユーザーの立場の視点から見た課題を解決するどころか、その課題に触れているような出願がほとんどない分野がある!という経験をしました。つまり、商品AをユーザーBとユーザーCとが使う場合、ユーザーBとユーザーCとでは、商品に対する要求や感じ方が全く異なることがあります。その要求、すなわち作り手側からすれば課題について、公報に記載も示唆もされていなかったのです。

正直、意外でした。

最先端技術が必要とされる技術分野ではなく、昔からかなり多くの出願がされている分野であったので、お客さんが意図している技術内容が記載されている公開公報がたくさん出てくると初めは考えていました。しかし、実際は(少なくとも私が調査した範囲では)1件も出てこなかったのです。

なぜでしょうか?

いくつか理由は考えられます。今回はユーザー視点で実際に直面した「課題」を念頭に調査をしたので強く感じるのですが、大きな理由は、「ユーザーの立場で考える」、「ユーザーの立場に実際に立つ」、「その商品を使うユーザーにはどのようなユーザーがいるのかを考える」ということを『せず』に技術開発がなされていたからではないか、と思っています(もちろん、ユーザーの絶対数が多くはないことも影響しているとは思いますが。)。

技術開発をする立場からすれば実際のユーザーは遠くに存在していることも多いと思いますが、遠いからと言って実際のユーザーがどのように思っているのかを把握しなければ、どんなに優れた仮説を構築したとしても無駄になってしまいかねません。

実際のユーザー、もし1つの商品に複数のユーザーがいるのであれば、複数種類のユーザーに話を聞きに行くということが、本当に役に立つ商品開発につながるのかもしれないな、と思った次第です。

私も実際のユーザーに役に立つ仕事を心がけています。「お客様の期待を超えるような成果」を出すことはなかなか難しい面はありますが(^^ゞ。。。。


今知的財産事務所
スポンサーサイト

2012/02/21(火) 22:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR