カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
多くの中小企業さんは自らの事業を拡大するという夢を持ちつつも、まずは自らの領域を確保することに力を注いでいます。

といいますか、自らの領域を守ることで精一杯です。

特許権をとったとしてもポリスファンクションを自ら担うには資金も人も足りません。

ましてや訴訟対応などできる訳もなく、毎年の年金も支払う余裕もない状態のところもあります。

行政のサポートも万全ではありません。

助成金制度があるとはいえ、100%助成するわけではないこと、申請書類の巧拙に左右されることなどから決して中小企業にとって使い勝手が良いとはいえません(ないよりましですが)。

このような状態の中で中小企業が特許権などの知財権を使うにはどうしたらよいでしょうか。

この場合の知財権の使い方としては、短期間で儲けるのか、長期間細々と続けていくのかの何れかを考えることが中小零細企業にとっては有効になってくると思います。

しかし、短期間で儲けようとすると「出る杭は打たれる」感じで大手につぶされかねません(生々しい話は省略しますが。。。)。

したがって、長期間、自らの事業を維持するために自分のシェアを守りつつライバルにライセンスすることを考えていくことが真に必要になってくるのではないでしょうか。

つまり、他社に特許を使わせないのではなく、他社にも特許を使わせ、その業界を発展させる、その業界に顧客を引きつける、という発想で特許権を使っていくことがポイントになってくるのではないかと思います。

このようなこと、当たり前に聞こえるかもしれません。

しかし、中小企業さんの中には自分の頭で上記のようなことを考えているところがあるんですね。

インタビューして本当に驚きました。

自社だけでなく、業界全体まで視野を広げて考えていたんです。

専門家に頼らず、日々実践の中で知恵を出し、変えないところを持ちつつ環境に合わせて自らを変えていくようなところが今後生き残っていくのでしょうね。
スポンサーサイト

2011/05/30(月) 17:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR