カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
現状を打破する1つの考え方として「逆転の発想」が大事だというのはよく言われていることですが、CNNのニュースで、これは思いつかなかった~というニュースがありました。

Clouds Architecture Office」というところが、超高層ビル、しかも、「空に浮く超高層ビル」である "Analemma Tower"のコンセプトを明らかにしたそうです。

どうやって浮かせるかというと、地球の周りの軌道に実際の小惑星(!)を配置し、その小惑星から超高層ビルをつるす、というものです(詳しくはCNNのニュースをどうぞ。2017年3月31日検索。)。

Clouds Architecture Officeの説明を読むと、確かに原理的には実現可能そうです。

もちろん、実現するには様々な問題があると思いますが、この発想に驚きました。

これまでは、例えば磁力を使って下から上に向かって浮かせたりするという発想はあったと思いますが、まさか『上からつるす』という発想ができるとは思いませんでした。

まさに逆転の発想です。

もし実現すれば、地震国の日本なんかではとても有益だとは思いますが、今度は小惑星に細工されると小惑星が落ちてくるかもしれない…ということを心配しなければならないですね。こうなると「杞憂」も「杞憂」でなくなってきますね(本当に「空」が落ちてくることになりかねませんので。。。)

とはいえ、このような発想の仕方、面白いです。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/03/31(金) 10:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
バーチャルリアリティがここのところかなりの勢いで進展しています。各社から様々なハードウェアが発表されており、この勢いはこれからも加速していくのではないでしょうか(→例えば、こちらのニュース参照。2017年1月8日検索。)。

ただし、本当に加速するか否かは、ハードだけでなく、ソフト面、すなわち「コンテンツ」次第だと思います。

どんなに優れたハードであっても、それを活かすコンテンツがなければ意味がないからです。

ゲーム分野で様々なコンテンツが出ています。面白そうなものも多いのですが、レース系のものだと「バーチャルリアリティ酔い」がちょっと問題になったりします(私も、お客様のところで少し試したのですが、結構、きます(^^;))。

一方で、ゲームではなく、VRで戦艦大和に乗船できる!ものもあります(→こちらに紹介されてます。)。今までできなかったことを仮想とはいえ疑似体験できるという点で、VR用コンテンツの今後が楽しみです。

この様にコンテンツも続々出ている状況ですが、ハードの性能向上に伴ってこれまでできなかったこともできるようになり、今後、ますます進展するのではないでしょうか。

ところで、開発時に注意する点としては、ハードでできることに縛られてしまわないようにすることでしょう。

もちろん、最終的にはハードの性能に制限されはするのですが、初めからハードありきで制限をかけてしまうと、こじんまりとしたコンテンツしかできない、ということになりがちです。したがって、まず初めに「やりたいこと」を考え、それをVRで実現するにはどうすればよいか?というステップを踏むことが良いのではないかと思います。

今知的財産事務所

2017/01/08(日) 23:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Apple WatchやGoogle Glassなど、ウェアラブルデバイスに関する製品開発や技術の研究が進んでいます。

オムロンヘルスケアが血圧の変動を常時監視する腕時計型のウエアラブル機器を開発したそうです(→記事はこちら。2016年4月18日検索。)。

血圧変動を常時監視することにより、脳卒中等の異常を検知するシステム開発を視野に入れているそうです。システムとしては電子カルテ等との連携もできそうです。

一方、東大が、皮膚に貼れる柔軟性を有する薄型の有機LEDを開発しています。「人間の皮膚の表面のように複雑な形状をした自由曲面にもぴったりと貼り付けることができ、ディスプレイやインディケータとして使うことができる」とのことです。

更に「緑と赤の有機LEDおよび有機光検出器を集積化した30μm厚のパルスオキシメータ(超柔軟フォトニックスキン)を作製。これを指の先端に巻き付けることによって、脈拍や血中酸素濃度(測定範囲は90~99%)を安定的に計測することに成功」したということです(→記事はこちら。2016年4月18日検索。)。

オムロンヘルスケアの方は圧力センサーを使っていますが、これに東大の技術を組み合わせれば、対象者の健康状態がより細かく分かるかもしれません。

対象者になるべく負担をかけず(できれば、意識させず)、それでいてしっかりとした健康管理をする1つの解決策として、これらのウェアラブルデバイスが役に立つ日が近い将来、来そうですね。

今知的財産事務所

2016/04/18(月) 22:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |

事故や病気などで脊髄が損傷し、四肢が動かなくなる障がいが発生することがあります。

米オハイオ州立大などのチームが、手足の動かなくなった患者が頭で思い描いた動きを装置で読み取り、手に電気信号を伝えることで思った通りの作業できるようにすることに世界で初めて成功したそうです(→記事はこちら。2016年4月14日検索。)。

実際には脳の表面に1・5ミリ四方の電極を埋める手術をし、この電極が脳の信号を捉えます。そして、電極がとらえた信号は、体外のコンピューターに送信され、コンピューターによってこの信号が解読されます。続いて、解読結果に基づいて、腕の130カ所に予め取り付けた電極から筋肉に刺激を与え、腕を動かすシステムになっています。

今回は被験者専用とのことですが、これが一般化されれば、障がいがある多くの人々にとって大きな希望になりますね。

iPS細胞によって、いわば、内から脊髄を再生する研究も進んでいますが、今回の例のように、いまある神経を外から活かす研究も進んでいます。

四肢が不自由な人にとってはどちらでもよいので、早く実用化をしてほしいところです。

今知的財産事務所

2016/04/14(木) 22:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自然界において生物は何億年もかけて環境に適応してきました。その生物の構造や機能を参考にして新しい技術を開発することをバイオミミクリーといいます。

同志社大と東京大の研究チームが、コウモリが、超音波を用いて行く先を“先読み”し、ルート選択を行うことを発見したそうです(⇒プレスリリースはこちら。2016年4月13日検索。)。

より詳しくは、コウモリが「目前の獲物のみならず、その先にいる次の獲物の位置までも超音波で先読みすることで、より多くの獲物を確実に捕らえる飛行ルートを選択して」いることを発見し、そこから飛行ルートに関する数理モデルを構築したとのことです。

この数理モデルを発展させ、様々なロボットの自律移動へ応用が今後考えられているそうです。

それが実現すれば、まさにバイオミミクリーの1つの例になりそうですね。

身近にいる生物であっても、まだその生態がよく分かっていないことがあります。世の中にどのような価値を提供したいのかを考えることが前提ですが、生物が長年をかけて進化してきた結果を技術に活かすバイオミミクリーは、今後、ますます盛んになりそうです。

今知的財産事務所

2016/04/13(水) 22:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR