カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
新規事業を考える際に限りませんが、新商品・サービスを検討する際に、「お客さんが誰か」をきちんと検討していないことがよく見られます。

「お客さん?そんなの分かり切ってるよ!」と考えてしまった人は、要注意です。本当のお客さんは想定しているお客さんとは違うかもしれませんし、いま目の前にいるお客さんよりも『目の前にいないお客さん』の方が圧倒的に多いことが普通だからです。

どういうことかというと、最終的な消費者に商品・サービスを提供している会社を除き、通常は、目の前のお客さんの先に「お客さん」がいるからです。しかもその「お客さん」の先にも更に「お客さん」がいるかもしれませんし、想定していない所(つまり、現在の市場以外の市場)にも「お客さん」がいるかもしれません。

BtoBで考えればよく分かります。自社のお客さんが最終消費者ではない限り、自社のお客さんのその先に、本当のお客さんがいます。そして、社会の状況は非常に早く変化しています。お客さんがいまの市場内だけではなく、他の市場にもいるかもしれません(例えば、カモ井加工紙(岡山県倉敷市)さんのように、業務用のマスキングテープが一般の女性向けになっている例もあります。)。

このように「お客さんが誰か」をきちんと検討していないと、売れるものも売れません。

更に、この点をきちんと検討しておかないと知財戦略上も片手落ちになります。

例えば、特許を考えましょう。

特許では「特許請求の範囲」という項目で、実際に欲しい権利を文章で規定します。「お客さんが誰か」ということを検討していないと、特許請求の範囲に記載する発明の対象が不適切になることがあります。

以前、あるお客様の知財戦略を検討させていただいたときのことです。そのお客様はBtoBのお客様であり、直接のお客様の先に更にお客様がいました。

直接のお客様に自社製品を扱ってもらうために、「うちはこの製品について特許を持っています。他社ではまねできませんよ。」と言ったとしても、競合他社が代替品を安く提供してしまうと、シェアを高く維持できるとは限りません(むしろ、特許製品だからと言って性能に比べて相対的に価格を高くしてしまうと、競争力が落ちるケースもあります。)。

そこで、直接のお客様の更に「先のお客様」に選択してもらえるように、「先のお客様」の立場でどのような権利内容にすればよいのかを検討して特許出願するということになったのです。結果として、ある程度はうまく行ったのではないかと思います(もちろん、特許面以外の様々な面での施策も必要ですが。)。

このように、「お客さんが誰か」をきちんと検討することは、知財戦略上も重要になってきます(もちろん、他の知財権、例えば、商標などでも、指定商品・役務を考える際に、重要になりますね。)。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/14(金) 16:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
技術をデザインに活用することは昔から行われてきたことだと思いますが、最近は、より「技術とデザインの融合」が『目につきやすい形』でなされる例が増えてきた気がします。

ロンドンに拠点を置く「THEUNSEEN」(創設者:Lauren Bowkerさん)が面白い衣服や様々なアクセサリー(身回り品含む)を提案しています(→ホームページはこちら。2017年4月5日検索。)。

コンセプトは、目に見えないデータを色によって可視化する、というものだと思いますが、使っているのは、周囲環境(熱、圧力、湿気、或いは光等)により色が変化するインクです。

このインクを使って衣服を着色すると、例えば、周囲の温度が変化した場合や風があたって冷やされた場合に、その部分のみ、色が変わります。布の小片を組み合わせて作ったような衣服がTHEUNSEENのホームページに掲載されています。

また、衣服だけでなく、例えば髪の毛をこのインクで染めることで、周囲の温度変化によって色が変わったりします(風に髪がなびくと、それに応じて髪色が変わるという、見ていて面白い効果がありそうです。)。(→CNNの記事はこちら。2017年4月5日検索。)。

更に、革製品をこのインクで着色すると周囲の圧力変化によって革製品の色が変わるので、例えば航空機の座席を革張りにし、革をこのインクで着色すると、航空機の高度変化により座席の色が変わったりします。

衣服にこのインクを応用した場合、着ている人の感情によっても色が変わるみたいですね(体温変化や発汗によって色が変わるということです)。

このような色の変化は、Bowkerさんによると、木の葉が季節によって色が変わることや、果物が熟すことによって色が変わる等の自然を模倣することに基づくとのこと。

いわゆるバイオミミクリーですね。

これだけなら、単に面白グッズで終わってしまいそうですが、そもそもBowkerさんは、自分の脊椎の状態をモニタリングできるような製品を作りたかったそうで、THEUNSEENの目的も「日常生活に役立つ製品を作ること」であるとしています。

CNNの記事においてBowkerさんは「色はユニバーサル言語だ」と述べていますが、色をコミュニケーションツールとして捉えている点も面白いですね。

このように、しっかりした目的のもと、適切なコンセプトを創って製品・商品を作っていく、というプロセスがあると、何らかの新技術をどう使ってよいのか分からない、分からないから技術があってもうまく行かない、というようなことには陥り難くなると思います。

今知的財産事務所

2017/04/06(木) 00:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
MOTで学んでいたときの資料を見直していて、ふと思い出したことがあります。
 
それは、20年ほど前のことですが、ある会社で車好きの人と話をしていた際に、ちょっと議論になったことです。

何かというと、当時はいまより交通事故で亡くなる方がとても多かったので、どうしたら事故を減らせるか?というような内容でした。

私は、どちらかというと特に車好きという訳でも車に詳しいという訳でもなかったので、運転手が無茶な運転をしたりしないように機械制御したり(急発進ができないようにしたり、法定速度以上のスピードが出ないようにしたり、自動運転させる等)、アクセルとブレーキを間違えないような機構を開発すべき等々、基本的に人間の動作を信用しない立場で話していました。

しかし、相手は、「機械が暴走したらどうするのか?」、「運転でミスする事なんてまずありえない」、「アクセルとブレーキを間違える?そんなことは普通に乗っている人にはありえない。」、「そもそも、なぜそんな制御が必要か分からない」等々、全く議論がかみ合いませんでした(というより、なぜ機械によって制御する必要があるのか、その必要性が理解できず、「は?」という感じのようでした。)。

このようなことは結構、日常的に起こっているような気がします。

例えば、素人の、いろいろと疑問に思ったり、素朴に「なんでだろう?」「こうしたらいいのに」というようなことを見たり聞いたりした「プロ」が、「なに言ってんだ。そんなことできるわけがないし、必要もない。」と一刀両断に斬るような場面がそれです。

どのような道でも「プロ」は「素人」より数が少ないでしょう。

ということは、見方を変えれば、いわゆる素人の疑問や要望を初めから排除せずに真剣に考えてみると、ブレークスルーが起こる可能性が出てくることになるのではないでしょうか。

一見してプロができそうもないな、というようなことを実現できれば、それはやはり「よっしゃ!」というようなことになると思います。

日々何気なく「斬り捨て」ていることの中に、実は、何か大きな種があるかもしれません。

今知的財産事務所

2017/02/02(木) 18:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昨年(2016年)はバーチャルリアリティ(VR)元年と呼ばれているようです。

実際、様々な企業(大手もベンチャーも含む)から様々なハードウェアやコンテンツが発表されています。

VRは二次元の映像や言葉だけではなかなか他人にどのようなものかを伝えることはできません。というのも、実際に人間の脳が「体感」するので、いくら言葉で説明したり、高精細な画像を見ても「体感」できないからです。

「体感」するにはVR用のハードが必要ですが、まだまだ高性能なPCや決して安いとは言えないヘッドマウントディスプレイを用意する必要がありますので、手軽に誰もがVRに触れるところまでまだまだです。「普及」の観点からはこれからのハードの進化と価格の低下を望むということになりそうですね。

さて、VRについて特許調査をしてみると、各社が様々なことを考えていることが垣間見えてきます。

先日、あるお客様の依頼でVRについて特許調査したのですが、数多くある特許出願を分析してみると、目指している方向性がいろいろと見えてきます(ここでは公開できませんが…)

まぁ、中には「こんなの特許出願してるんだ?!」というものもあります。

例えば、Microsoft Technology Licensingがドローンを使った出願をしていました。
マイクロソフトの特許出願
(※画像はUS 2016/0349835から引用。調査時点でまだ出願中。)

VRでは触覚にどのようにしてリアリティを持たせればよいか?という点も開発課題ですが、図のようにドローンを活用してどうにかこうにか解決しよう、というものも出願されています(ユーザーの周りに飛んでいたらうるさいし、危ない気もしますが…)。

ところで、マーケティング分野では昔から「体験をデザインする」ことが重要であるといわれていますが、VRを使うと、文字通り、ユーザーが「実際に体感できる体験をデザインする」ことが重要になって来ると思います。

VRはいわば、『体験を体感する』ことができるからです。

しかもこの『体験』は、自分の体験でも他人の体験でもよいですし、仮想の体験や架空キャラクターの体験等、様々な『体験』を用いることができます。

したがって、「どのような体験をユーザーに体感させるのか?」、「その体験をユーザーに体感させることで、何をユーザーに提供したいのか?」等々をデザインすることが大切になってくるのではないかと思います。

今知的財産事務所

2017/01/25(水) 10:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
IOTが今後どんどん進展していくと思いますが、世界初のスマートヘアブラシがWithingsから発表されました。 Kérastase(ロレアル社のヘアケア商品のブランド)とのコラボにより開発されたとのことです(→HPはこちら。2017年1月6日検索。)。

何ができるかというと、大きく分けて、(1)髪の健康状態の分析、(2)ブラッシングのパターン分析が挙げられています。

(1)では、髪の乾燥やキューティクルのダメージ等を分析でき、(2)では、ブラッシングの強さやリズム等の分析ができるようになっているそうです。

髪をとかすだけで、髪の健康状態だけでなく、ブラッシングが適切かどうかをユーザーに知らせてくれるようですね。

IOTなので、将来的には様々な機器だけでなく、具体的なサービスにも結び付きそうです。

ロレアル社との共同開発なので、まずはロレアルの商品を勧める、ということにつながりそうですが(例えば、髪質が悪くなってきたらよいシャンプーを勧めたり、白髪染めを勧めたりと等々)、それ以外にも、髪が薄くなってきたらウィッグを勧めたり、適切なブラッシングを指導するサービスを提案したり・・・なんてことも出てきそうです。

「他とつなげる」ということを考えると、様々なサービスが思いつきますね。

様々なサービスは、ある意味、誰でもすぐに数多く思いつくでしょう。

しかし、考えたサービスやアイデアが実際にビジネスに結びつくかどうかは、単に新規なアイデアを思い付いただけでは不足していると思います。

そこには、「どのようなことを実現したいのか?」という、ビジョンが欠けているからです。どのような社会を実現したいのか?自社はどのような価値を顧客に提供したいのか・していくのか?等々を考えずにいると、アイデアを創出しても世の中に広まらず、闇に埋もれていくことになりかねません(このあたりに関連することを、共著ですが本年中に出版する予定の本に詳しく書いています。)。

新しいことを思い付いた場合、早く世に出したい!とはやる気持ちはわかります。
が、そうだとしても、いったん立ち止まり、その新しいことで、どのような価値を世の中に提供していくのか?等々を考えてみるということが、ビジネスで成功していくための1つのポイントかもしれません。

今知的財産事務所


2017/01/06(金) 22:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR